背中ニキビを短期間で治す方法の全手順

背中ニキビに1年半も嫌な思いをしてきました。今までもちょこちょこ治療?をしてましたが、目立った効果はなし。 どうしても治したい理由ができて、本気で挑戦してみました。変化が現れるまで約3週間、完治するまでに約2ヶ月必要でした。

背中ニキビは3種類ある。種類別の原因 毛包、毛嚢、脂漏性

 背中ニキビは「マラセチア菌」が原因菌で、顔の「アクネ菌」とは違うということは知ってると思いますが、背中ニキビは症状によって原因菌すら変わっていってしまうこともあるし、その時の症状によって対処法が違うんです。

 

これが背中ニキビがなかなか治らない原因のひとつなんです。

 

ここでは背中ニキビの症状別の原因を見ていきます。

 

背中ニキビの種類と原因

背中ニキビの主な原因は「マラセチア菌」で、この菌は誰の体にもいる常在菌です。


皮膚上にはマラセチア菌以外の種類もたくさんいて、菌同士が陣取り合戦をしながらバランスを保っています。


菌同士がバランスを保ててる間は体に異常は現れないのですが、バランスが崩れて何かの菌の勢力が大きくなってしまうと、「異常」として表面に現れてきます。

 

背中ニキビ毛包炎

菌のバランスが崩れて「マラセチア菌」が異常に増えてしまったときに「毛包炎」という皮膚疾患になり、それを「背中ニキビ」といいます。

毛包炎の画像

f:id:hayarino:20170719202344j:plain


もちろん別の菌が異常繁殖したときは、別の形で体に異常が出ます。

この毛包炎というのを一般的に背中ニキビと言います。

毛包炎は赤いポツポツの集団で、見た目が赤ニキビにそっくりです。

背中ニキビの最初の段階と言えると思います。

毛包炎の治し方

 

背中ニキビ毛嚢炎

毛包炎が炎症を起こして「ニキビ跡」になりやすい重度なものになってしまうことがあり、この状態を「毛嚢炎」といいます。

毛嚢炎画像

f:id:hayarino:20170719202535j:plain

上の画像は毛包炎と毛嚢炎が混ざっています。

ひどくなっている部分が毛嚢炎で、そこまでひどくなっていないものが毛包炎です。

同じところにあって、元々の原因は同じでも、治すのには別々のモノに頼らないとダメなんです。

こんなところが治らない理由なんだと思います。

毛包炎の治し方⇒毛包炎の治し方

 

毛嚢炎の原因は「マラセチア菌」ではなく、「ブドウ球菌」に変わっています。

毛嚢炎になってしまう原因は「毛包炎(背中ニキビ)に傷がつく」ことで起こります。

毛包炎が傷つくと、その傷口からブドウ球菌に感染し、炎症を起こしてしまいます。

この状態が毛嚢炎で、もはや背中ニキビを治す薬では炎症が治まりません。

まま、炎症を起こしていることから潰れやすくニキビ跡として残りやすいものです。

毛嚢炎の治し方

 

背中ニキビ脂漏性湿疹

さらに、ニキビとはかけ離れた「大きな範囲で赤く腫れたような状態」のものを「脂漏性湿疹」といいます。

f:id:hayarino:20170718120634j:plain

これに変化してしまう原因は「マラセチア菌」なのですが、毛包炎のときよりもマラセチア菌が異常繁殖した状態と言われています。
ここまで来てしまうと、自宅でのケアは難しいです。病院必須です。

こうなってしまったら、自分であれこれやらないで、まずは病院へ。

そして病院の処方箋で脂漏性湿疹を治します。

脂漏性湿疹が治っても毛包炎がいずれ出てきます。 根本的な改善ができていないので仕方ないんです。

まずは脂漏性湿疹を治し、それから背中ニキビを治すケアをはじめてください。