背中ニキビを短期間で治す方法の全手順

背中ニキビに1年半も嫌な思いをしてきました。今までもちょこちょこ治療?をしてましたが、目立った効果はなし。 どうしても治したい理由ができて、本気で挑戦してみました。変化が現れるまで約3週間、完治するまでに約2ヶ月必要でした。

背中ニキビにベビーパウダーは禁物です。

 ベビーパウダーの間違ったうわさ

f:id:hayarino:20170514032000j:plain

ベビーパウダーで背中ニキビが治る!というような話がいくつかあるのですが、今回はベビーパウダーに関するニキビのうわさの真相を書いてみたいと思います。


1 主成分タルクがニキビに効く

「背中ニキビにベビーパウダーを使うと、ベビーパウダーが汗を吸ってくれるので治りが早い」という話を聞いたことがありませんか?

肌がさらさらするし、イメージ的にニキビに良さそうな気がするのですが、この情報はまったくの謝りなんだそうです。

逆に、汗の蒸発をパウダーが邪魔し、毛穴を詰まらせて新しいニキビまでできてしまいます。

これはベビーパウダーを製造しているジョンソン・エンド・ジョンソンの正式な回答です。

また、ベビーパウダーを生殖器に付けてしまうと発がん性があるという研究結果もあり、実際にアメリカで生殖器にベビーパウダーを付け続けていた女性が卵巣がんで死亡してしまい、80億円もの損害賠償を支払ったということです。

こんな話を聞くと、ベビーパウダーなんて体のどこにも使用しない方がいーんじゃないの?と思ってしまいますね。

ベビーパウダーって本当に大丈夫なんでしょうか? もう少し調べてみると、ベビーパウダーの主成分に「タルク」というものが使われているのですが、このタルクは鉱石の粉末で、肌の上で粉の球体面性が広くなり、粉同士の間にできる隙間を通り肌の水分が吸水・蒸発される作用があります。

そのため、タルクを肌に乗せるとサラサラ感があり、あせもを防いでくれるんだそうです。 ニキビにはダメだけど、あせもにはいいんだ?と思ったのですが、これもちょっと違くて、できてしまったあせもには使用してはいけないそうです。

あくまでもあせも予防に効果があるという話らしいです。

このタルクに発がん性があるそうです。 ですので、ベビーパウダーなんて使わないほうがよさそうです。


2 酸化亜鉛が背中ニキビに効く

ベビーパウダーに少量の酸化亜鉛という成分が入っているそうなのですが、この酸化亜鉛は実際にニキビの炎症が進んでしまって、じゅくじゅくする膿になってしまった時に、膿を吸収して乾燥させる作用があるそうです。

しかし、配合されている量が少ないと効果はないそうです。

酸化亜鉛はニキビが炎症して膿んでしまっている時に有効ですが、ベビーパウダーに含まれている程度の量だと意味がない。ということになります。


3 クロルヒドロキシAIが背中ニキビに効く

クロルヒドロキシAIは汗を抑える成分で、ベビーパウダーにも配合されています。

この汗を抑える作用が背中ニキビに有効と言われていましたが、実際は汗の通り道の汗腺を塞いでしまうので、毛穴がつまりニキビ発生の好条件が揃ってしまいます。

そもそも汗自体とニキビの関係はないと言われているらしく、ニキビは毛穴のつまりから始まるそうです。 汗をかいたからニキビができるのはなく、汗とともに皮脂が多くでて、その皮脂を放置するからニキビになるんだそうです。

ですので、汗を抑えるために毛穴を塞いでしまうのは、背中ニキビができやすくなってしまうということです。


 

おまけ

ニキビに効くといううわさのベビーパウダー使用方法の検証

『ニキビを撃退するベビーパウダー』として紹介されている使用方法をいくつか検証してみました。

石鹸の泡に混ぜる

『石鹸やボディソープにベビーパウダーを混ぜると毛穴の皮脂よごれを吸着し乾燥からくるニキビに働きかける』と紹介されています。

液体とベビーパウダーを一緒に混ぜてしまうと、タルクの肌をサラサラにする作用も失われてしまいます。ベビーパウダーを洗顔料に混ぜてもニキビの予防・改善効果にはつながらないでしょう。

牛乳やヨーグルトに混ぜて塗る

『ベビーパウダーに牛乳やヨーグルトを混ぜて患部に塗るとニキビに効く』と紹介されていますが、ベビーパウダーにニキビを治す力はありません。

実際のところ、牛乳やヨーグルトのパックは保湿効果があるので、ベビーパウダーを混ぜないでパックすれば効果は期待できそうですが、ベビーパウダーを混ぜる意味ははないでしょう。

また、液体と混ぜるとベビーパウダーの汗の吸着作用もなくなってしまいます。

ベビーパウダーのタルクが牛乳やヨーグルトの粘度をあげることになり、パックしやすいというメリットはありますが、ベビーパウダーを入れる効果自体はなさそうです。

ベビーパウダーは粒子が細かいので、かなりしっかり洗い流さないと毛穴に詰まって新しいニキビができてしまいます。

入れないほうが絶対いいですね。


背中ニキビは一般的にはマラセチア菌が原因ですが、稀に脂漏性湿疹(しろうせいしっしん)ということもあるんです。

脂漏性皮膚炎と同じ意味ですが、頭や顔、背中などにできることが多いです。

f:id:hayarino:20170718120634j:plain

こんな状態であれば、背中ニキビではありません。

こちらの脂漏性湿疹に治し方が書いてあります。⇒脂漏性湿疹


他にも、一見関係なさそうに思うんじゃないかと思いますが、アレルギーを持っていて、現在使っているボディソープと相性が良くないのかもしれません。

アレルギーの検査や脂漏性湿疹は病院で検査できますが、アレルギーの場合は、ほぼ間違いなくボディソープの成分に反応してます。

この辺のことはこちらで書いてます。 参考にしてください。

 

どうでしたか?

 ニキビを予防・改善するには、ニキビ専用の製品を使うのが一番です。

このように「ベビーパウダーはニキビを治すのに良い」というのは完全に誤りで、ニキビを悪化させたり新しいニキビを作り出してしまいます。

ニキビにベビーパウダーを付けていた人は今すぐやめるベキで、ちゃんとした方法でケアするようにしてください。