背中ニキビを短期間で治す方法の全手順

背中ニキビに1年半も嫌な思いをしてきました。今までもちょこちょこ治療?をしてましたが、目立った効果はなし。 どうしても治したい理由ができて、本気で挑戦してみました。変化が現れるまで約3週間、完治するまでに約2ヶ月必要でした。

男の背中ニキビのボディソープ決定版 みんなが使ったのはコレ

「背中ニキビが治らない原因の60%以上は、背中ニキビを悪化させないケアをしないから」というのが私の経験から出た答えです。

前回は、背中ニキビの治療薬の前に、悪化させないケアをしないと全くの無意味で、治療薬を塗っているのになかなか治らない人の原因という話をしました。

 

ボディソープはやっぱり薬用がいい


f:id:薬用ボディソープが良い:plain

そして、体を洗うボディソープですが、通常のボディソープはやっぱりNGなんです。

なんでかというと、普通のボディソープは洗浄力が強すぎるんです。

綺麗にするために体を洗うので、洗浄力が強ければうれしいのですが、強すぎる洗浄力は皮脂を取りすぎてしまいます。

背中ニキビを治すために皮脂をよく落とすことは必要なのですが、皮脂は肌の水分を保つためには絶対に必要なものなんです。

なので、皮脂を落としすぎてしまうと体が肌を守ろうとして急いで新しい皮脂を出そうとします。

その結果、新たに大量の皮脂がでてきてしまい、お風呂を上がった直後から皮脂が通常より多い状態となってしまいます。

また、皮脂を落としすぎてしまうため、肌が乾燥しやすい状態になってしまします。

そうなると、肌を乾燥から守ろうとして新たな皮脂を出してしまいます。

このように、皮脂を落としすぎることは、肌に良いことは一つもないんですね。

また、そもそも通常のボディソープは「肌に傷や炎症を起こしている時は使用を控えてください」との注意書きがしてあります。

背中ニキビも毛穴が炎症している状態ですし、背中ニキビが酷くなると怪我と同じ皮膚に傷ができている状態になります。

このようにニキビがある時点で通常のボディソープを使うのは良くないことなのです。

ですので、背中ニキビを治したい人は、強い洗浄力の通常のボディソープを使うのではなく、肌のケアまで考えて作られた薬用のボディソープを使いましょう。

体の洗い方と洗う時は背中を刺激しないということと、肌のケアを考えたボディソープを組み合わせて使うということは全てセットなのです。

どれが重要という訳ではなく、全てを組み合わせることが重要なのです。

 

私が背中ニキビを治すために使用したのは薬用のボディソープでしたが、薬用のボディソープ意外にもジャウムソープというものも検討しました。

薬用のボディソープもジャウムソープも殺菌作用があり、効果としては同じようなものと考えられると思います。

ジャウムソープはオーガニック石鹸といわれており、洗浄成分や肌の保湿成分も全てが天然成分からできています。

このことはとても魅力だったのですが、ジャウムソープは固形石鹸だったので見送りました。

固形石鹸で体を洗うのって、けっこう面倒な感じがしませんか?

ボディソープならポンプで押すだけですから。

それと、私が使用しているボディソープはデオドラント効果もあるんです。

嫌味じゃない程度のほのかなバラの香りがするんです。

この、ほのかなバラの香りは想像以上に良いものでした。

清潔感があってアロマのように落ち着くような感じもあります。

今までのようにゴシゴシ洗うのもやめて、洗浄力も弱くなってさっぱり感が少なくなったものをほのかなバラの香りで帳消しにしてくれるような感じです。

私が実際に使用しているのはローズ・ボディリフレッシュ というのですが、なんでこれにしたかってコトなんですけど、ひとことで全体的なパフォーマンスが凄そうだからって理由で決めました。

このローズボディリフレッシュというボディソープを一番使っている人達というのが、ワキガとか女性のデリケートゾーンのすそわきがに困っている人達だったんですね。

殺菌力とか消臭効果とかを5段階で評価しているのですが、殺菌力、消臭効果、汗止め効果、保湿効果が満点の5点で皮脂臭を抑える効果が4点だったんです。

こんな評価のボディソープってなかなかないんですよ。

最初はドラッグストアで〇〇〇〇という薬用ボディソープを使っていたんです。

その頃は私の知識にも問題があって背中ニキビは治らなかったんですが、再チャレンジするときに、ドラッグストアで買っていたボディソープと値段がほぼ同じだったんで、今回はこれにしたんです。

だって、わきがを防げる殺菌力と消臭効果があって、保湿効果も最高得点ですし、女性のデリケートゾーンにも安心して使えるような低刺激なんです。

それと、毛嚢炎の原因のブドウ球菌、この菌自体も不快な臭いを発生させるんですが、ブドウ球菌を抑える成分として「イソプロピルメチルフェノール」があるんです。

このボディソープには「イソプロピルメチルフェノール」も配合されていて、毛嚢炎の予防そのものにもなるんです。

また、ミョウバンも入っているのですが、ミョウバンは汗を止める作用がありますよね? なのでそんなところも好都合なんです。

細かく調べてみないとわからない事なんですが、一口に薬用ボディソープといってもけっこう違うもんなんです。

また、容量もそこそこで一人で使うと3ヶ月ぐらい長持ちするんです。 それを考えると安い買い物だと思いました。

ドラッグストアのボディソープは1ヶ月半ぐらいでなくなっていたので、ちょっとした高級品って感じです。

安くて効果があるのでローズボディリフレッシュで十分でした。

これは背中ニキビに対するお宝発見のような感じです。

公式サイトだとお得に買えます⇒ローズ・ボディリフレッシュ

 

 デオドラント効果はいらないかな?という人はジャウムソープがお勧めです。

ジャウムソープも種類が色々あり、少しずつ特徴も違います。

ジャウムソープが一番使われる場面としては、女性のデリケートゾーンのケアなのですが、名前の通りとてもデリケートな部分です。

そのデリケートゾーンに安心して使える石鹸なので、背中ニキビのケアにも適しているんです。

ジャウムソープってどんな石鹸?ってことを知りたい方は、詳しく説明しているサイトをリンクしておきますので見てみてください⇒ジャウムソープとは?

前回の記事と今回の記事を実践してもらえれば、背中ニキビが治る可能性はすでに60%を超えてきます。

そして、背中ニキビを治す最終段階のお風呂上りになることで一日の仕上げをしましょう。

背中ニキビを治す全手順は次が最終章です。