背中ニキビを短期間で治す方法の全手順

背中ニキビに1年半も嫌な思いをしてきました。今までもちょこちょこ治療?をしてましたが、目立った効果はなし。 どうしても治したい理由ができて、本気で挑戦してみました。変化が現れるまで約3週間、完治するまでに約2ヶ月必要でした。

背中ニキビのひとつ、毛包炎の治し方

背中ニキビは繰り返し何度もできてしまい、一生治らないんじゃないか?と思えるほどしつこいものです。

 

でも、その中でも毛包炎は一番治しやすい状態なんです。

毛包炎であれば自宅で完全に治せるし、治療というよりスキンケア。

嘘に聞こえるかもしれないけど、本当のことなんです。


ただ、背中ニキビのケアをいい加減にやってる人が多いんです。

背中ニキビは複合的な原因でできるものなので、何か1個対策を取ればいいってもんじゃないんです。


相手は「菌」なので、自分の体や肌の状態が思いっきり関係してます。

疲れて体調や肌の調子が悪ければ菌にやられやすいです。

風邪を治すのに体調を整えるのと同じことです。


背中ニキビを治すためには、肌の調子を整えることが最低条件です。

薬で治すことができたとしても、肌の調子を整えない限りは必ず再発します。
薬では根本的な解決はできないんです。

どこにできたニキビであっても「ニキビ=スキンケア」の図式は変わらないんです。

毛包炎を治す方法

  1. 背中を綺麗にしながら殺菌する
  2. 背中の肌に栄養を送り込む
  3. 保湿する

基本的にこの3点を毎日サボらずにしっかり続ければ、1ヶ月もすれば状態が良くなってることがはっきりわかるはずです。

良くなってないのであれば、サボっているか使ってるものが良くないかのどちらかです。

もしかしたら症状を間違えているかのどれかです。

 

ひとつづつ説明していきます。

①背中を綺麗にしながら殺菌する

これは、ちゃんとした殺菌作用がある薬用ボディソープを使いましょうということです。

「ちゃんとした」の基準が難しいと思いますが、値段で言えば2000円~3000円のもの。

1000円ぐらいから買えますが、1000円のものは背中ニキビを治すにははっきりいって役不足です。

ボディソープがあなたの体内の何かのアレルギーに反応してるってことも実際にあるんです。

「値段が1000円ぐらいのもので天然成分100%で殺菌作用もある」というものはおそらくありません。

天然成分100%の殺菌作用まであるボディソープは2000円~が一般的です。


配合されている成分などを見た限りこのようなボディソープ であれば十分です。


ポイントとして、本気で治したいのであれば、こういったアイテムはケチらないことです。

ここをケチって背中ニキビが治らないなんて、逆にもったいないと思いませんか?

自分が気になっているものがあると思うので、それの口コミを確認してから買いましょう。

人によって合う合わないがあるので、全部が全部良い評判なんてことはなですから、マイナス評価の人のグチを確認して、自分が許容できるのであれば問題ないと思います。

そして、体を洗う時には「毛先がうんと柔らかいボディブラシ」で洗うことも絶対条件です。

 

②背中の肌に栄養を送り込む

背中ニキビの毛包炎を治すためには、余分な菌を殺菌しながら肌の調子を整えて菌が異常発生しない肌に変える必要があります。

 

顔のスキンケアって普通ですよね? 男はあまりやらないかもしれませんが、女性なんて毎日やるんです。

できてしまったシワを無くすためとか、ニキビができないようにするためとか透明感を出したいとか。

理由は色々ですが、全ての行為は肌の調子を良くするためにやってるんです。


薬のように直接作用させるのではなくて、肌の調子を良くして間接的に対処してますよね?

背中も顔と同じ要領でしっかりスキンケアするんです。


なので、顔に使うのと同じ化粧水で成分的には問題ないんですが、背中の皮膚は顔の皮膚より厚いってことがポイントになります。

浸透力に重点を置いていない化粧水では、顔には有効でも背中の皮膚には奥まで浸透しない」てことなんです。

 

体調を崩して寝込んでいる人にはしっかりとした栄養価の高いものを与えますよね?

それなのに栄養が少ないものを与えることと一緒の状態です。

なので背中の皮膚の奥まで浸透する化粧水を選んでください。


浸透力を高くする成分はいくつかありますが、探しやすい成分としては「ビタミンC誘導体」があります。

 

この成分は、浸透力を高くするために開発された成分です。

なので背中には「ビタミンC誘導体」が入っているものを必ず選んでください。

体に塗る前提の化粧水で、ビタミンC誘導体が配合されていて、さらにはニキビ対策を意識している化粧水はこうゆうもの があります。


さっきも書きましたが、アイテム選びをケチらないでください。

探すのが面倒ですが、この作業はとても大切なことなので。

ここをサボると一生懸命ケアしても効果が出ないんです。

背中ニキビの治りが遅いとかじゃないんです。


背中ニキビなんて治るか治らないかの2択なんです。

できない人はできないですし、できてしまった人はひたすら繰り返すんです。

「背中ニキビが緩やかに治る」なんてことは期待しないでください。

効果が確認できるまでに1ヶ月は掛かりますが、それでも短期勝負なことに変わりはないんです。

 

このような体に塗る前提でビタミンC誘導体が入っているものは「体のニキビ」を意識した製品です。こうゆうのを用意して、100均でスプレーボトルも用意して背中に毎日吹きかければ完璧です。


③保湿する

化粧水も保湿の目的があるんですが、長時間キープするために「背中ニキビ専用のクリーム」は絶対に使ってください。

 

背中ニキビ専用というだけあって、背中ニキビを治すのに有効な成分が色々入ってます。


基本的には化粧品なんですが、「医薬部外品」の認定を受けているものがいくつかあります。

医薬部外品とは、薬ではないのですが効果、効能をはっきりと表示しても良いと国から認められた製品のコトです。

「薬じゃないけど薬みたいなもん」というコトですね。

ニキビ用と表記があっても医薬部外品の認定を受けれていないものはパスしましょう。
わざわざお金を払うのに、効き目がはっきりと認められてないものを買う必要はどこにもありませんから。

値段的にも「多少安い」ぐらいの違いしかありませんし。

 

この「背中ニキビ専用クリーム」が効果を発揮するには、それ以前の下処理がうまくできているときです。

 

下処理というのは①と②のことです。

背中ニキビを治す環境が整っている時に専用クリームを使うと効果が早まるんですが、下地の準備ができていないと効果を発揮してくれません。

クリームだけ用意するのは意味がないです。


一番多くの人が選んでいるクリームはコレ ですが、コレを選んだとしても下地ができていないと意味がないんですよ? しつこいでしょうが、コレ だけで治ると思っている人があまりにも多いんです。

完璧に一度で治したいと思ったら、肌着まで天然素材に切り替える必要があるんです。
最初にも書いたんですが、背中ニキビの原因は複合的です。

上に書いた3点は「背中ニキビが全然治らなくて困っている人」に必要な「最低限のセット」です。

これすら用意しないのに、背中ニキビが治らない!なんていうのは当たり前なんです。
背中ニキビはちょっとしたできものじゃなくて、皮膚病です。

しかもその皮膚病の原因はカビ菌の1種である「マラセチア菌」です。

マラセチア菌って、カビですよ? カビって根を張ってしまうとなかなか取れないですよね?
それがあなたの背中で起きているんだと思ってください。

しっかりとしたケアを毎日続けるということは、最低限必要なコトの一つなんです。