背中ニキビを短期間で治す方法の全手順

背中ニキビに1年半も嫌な思いをしてきました。今までもちょこちょこ治療?をしてましたが、目立った効果はなし。 どうしても治したい理由ができて、本気で挑戦してみました。変化が現れるまで約3週間、完治するまでに約2ヶ月必要でした。

背中ニキビを薬用ミューズで洗ったら見事に悪化した

背中ニキビに薬用ミューズ

f:id:薬用ミューズ:plain

毎月、ほんの少しですが、「背中ニキビ+薬用ミューズ」で検索する人がいるんですよね。

薬用ミューズって、薬用石鹸で手に入りやすいし値段も安いし。

背中ニキビに効果があるなら絶対に使用したいアイテムですよね?

私もはるか昔に同じことを考えました。

考えただけじゃなくて、実践してしまいました。

効果が現れるのは早く、ほんの2週間で状況が変わってきましたよ。

背中ニキビが見事に悪化した

薬用ミューズで背中を丹念に洗い始めて2週間。

数日前から背中が痛痒くなってきました。

「とうとう変化が現れてきた!この痛痒さは好転反応に決まっているさ!」

「好転反応」って知ってますよね?

状況が良くなる前に、一度悪化してしまう状態のことです。

結果的には肌が乾燥しすぎてしまったために起きた痛痒さだったのですが、「この痛痒さの先に背中ニキビの完治がある!」と思って頑張っていました。

それから数日経ったある日、突然背中ニキビが避けはじめてしまいました。

ある時、背中を丸めたら一気に痛みが出たんです。

何事かと思って鏡を見たら、背中ニキビのいくつかが裂けてしまってるではありませんか!

それから数日間は大変な思いをしましたよ?

裂けてしまった背中ニキビにフルコートというドラッグストアで買ってきた薬を塗って、薬を塗ったとこに絆創膏を貼ってもらって。。

それから何日間は本当に大変な思いをして過ごしました。

ちなみに背中ニキビが悪化してしまった時には、ドラッグストアで購入できる抗生物質で治せるんです。

でも、背中ニキビが炎症していない状態だと抗生物質は有効じゃないんです。

その辺のことも別記事で書いていますので参考にしてください。

炎症した背中ニキビにすぐ効く市販薬

 

そうなってしまってからは、シャワーでお湯を掛けるだけで悶絶するわ、体をひねるだけで痛みが出るわで。

薬用ミューズは背中ニキビになぜダメなのか?

薬用ミューズで背中ニキビが悪化してしまった主な原因は、やはり成分の問題だと思います。

薬用ミューズの配合成分は

・トリクロカルパン・・これは消臭成分ですが、天然のものではなく添加物です。


・トリクロサン・・これは殺菌成分なのですが、効き目としてはとても強いものです。殺菌作用が強すぎるため、洗顔や体に使用する石鹸などには含まれないのが一般的です。

 

・エデト塩酸・・これはカルシウムイオンと金属イオンの結合の働きをよくする成分なのですが、効果として油を切り離す効果があります。肌から油成分を切り離すので、汚れがよく落ちます。その反面、人体には有害となっていて、場合によってはアレルギーを引き起こすことがあります。

 

・ポリエチレングリコール・・乾燥を防ぐために使用されていると思われる成分なのですが、本来の使用方法は木材の乾燥を防ぐための成分なんだとか。人間に対してはグリセリンのほうが安全ということです。

 

・赤色202号・・これは赤の着色顔料です。以前は口紅などにも使用されていましたが、成分が石油由来のタールであったり、接触性口唇炎というアレルギーを引き起こしたり、またタール全般に言われていますが、メラニンを肌に定着させてしまう働きまであります。

 

・ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウム・・これは界面活性剤で泡立ちをよくしています。

このように、薬用ミューズは背中ニキビに対して良いことは一つもないと言い切れます。


薬用ミューズは手に使おう。背中や顔にはNG

薬用ミューズは体に使わずに、「手」に使用する分には問題はないと思います。

それは、体の皮膚は場所によって厚さが違うからです。

顔の皮膚の層は8~10層で薄いです。 

背中や胸などは10~15層で顔よりも少し厚いです。 

それに対して手の平の皮膚の層は40~50層もあります。

しかも角質層が厚いので多少の刺激に対して手の平はなんともありません。

刺激物の影響を受けにくいんですね。

なので手についたしつこい汚れに薬用ミューズは最高かもしれませんが、顔や背中に使用するのははっきりと言いますが、絶対にNGです。

本当に悪化させるだけになるのでやめましょう。

背中ニキビには専用品が用意されている

背中ニキビを洗うときは、薬用ボディソープがあるので、絶対にそれを使いましょう。

また背中ニキビ跡にも有効な化粧水や背中ニキビ専用クリームまで用意されています。

顔のニキビの主な原因はアクネ菌で、背中ニキビの主な原因はマラセチア菌です。

菌が違うので、それぞれ専用品が用意されている訳なので、顔ニキビ用のクリームを背中に塗っても効果はありません。

違うことをやってしまうと、基本手には逆効果と思っていて間違いありません。

私自身、背中ニキビを治すために、色々と試行錯誤してきましたが、最初の1年半は効果が現れなかったんです。

方法を1から見直して実践したところ、わずか2ヶ月という短期間で背中ニキビが治りました。

治すコツは「正しいことをひたすらやり続けること」だったのです。

私が背中ニキビを短期間で治した方法を公開しています。

この通りに実践すれば2ヶ月後には綺麗に治るんじゃないかと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。↓

senaka-nikibi.hatenadiary.jp